ご来店ありがとうございます。
オーナーの粕谷です。

以前も販売したことがあるグアテマラの超優良農園(超があと5こくらいつきます)エルインヘルトのコーヒーをご紹介。
しかも、品種はあのパカマラ。
エルインヘルトと言えば、パカマラ。
粕谷がこのコーヒー業界に入ってきて初めての(もしかしたら最大の)衝撃は、インヘルトのパカマラでした。
「コーヒーにマンゴー入れたの誰ー!?」ってなりました。
それはナチュラルプロセスでしたが、インヘルトが作るパカマラの素晴らしさは誰も疑う余地はないでしょう。
おそらく品種とインヘルト農園の持つ地域特性がパーフェクトマッチしているのだと思います。
残念な気持ちになったことがありませんから。

<パカマラ>
そもそもパカマラとはなにか、というと、コーヒーの品種の一つで、粒の大きさが特徴的です。
通常のコーヒーチェリーの2倍近い大きさで、これはマラゴジッペという品種の遺伝子が強く影響しています。
パカマラはマラゴジッペとパーカスという品種の掛け合わせで、エルサルバドルの国立コーヒー研究所が長年の研究で人工交配をした結果、作り出された品種です。
個人的にはトロピカルなフレーバーに出逢うことが多いように思います。
粒が大きいので、焙煎をするときに均等に火が入れるのが難しいというのも特徴ですね。
このせいでPhilocoffeaの1〜2年目くらいはいいパカマラが焼けなかったように思います。
(すみません。。)
今はパカマラの焼き方をかなり調べ上げて上手に焼けるようになっていると思うのでご安心を。
そして、このパカマラをグアテマラで育てて、世界中にその名を轟かせたのが、このエルインヘルト農園なのです。
グアテマラのCup Of Excellenceという国際品評会で当時のオークション最高値をパカマラで更新し、一躍世界のトップ農園に名乗りを上げたのです。

<味の説明>
パカマラのジューシーな風味を最大限に活かすべく、浅煎りで仕上げています。
深く焙煎することで得られるコクのある風味もありますが、得られるものと失われるものとを比較すると、この豆に関しては確実に浅く焙煎するべきだと判断しました。
なので、フローラルな印象がありつつ、多彩で豊かなフレーバーがクリーンカップとともに感じられるでしょう。
アロマは百合のような華やかさがあり、シンプルに白砂糖を思わせるような強い甘さがあります。
酸と甘さ、質感のバランスが良く、後味に非常に長い甘い余韻を感じます。
ピンクグレープフルーツを絞ったような果汁の印象もあり、青りんごやブルーベリーのようなフレーバーも感じられ、非常に複雑な味わいです。
それでいて、バランスよく、立体的に味が構築されているので、飽きることがありません。

<一言>
ウォッシュドプロセスの質の高いコーヒーはじわじわと感動と驚きをくれます。
このこーひーがまさにそんなコーヒーです。


<豆情報>
農園名:El Injerto 機淵┘襦Εぅ鵐悒襯函ΕΕ痢
生産者:Arturo Aguirre(アルトゥーロ・アギーレ)
エリア:La Libertad, Huehuetenango(ラ・リベルタッド/ウエウエテナンゴ)
標高: 1,480 - 1,920m
品種:Pacamara(パカマラ)
生産処理:Washed(ウォッシュド)
味わい:Green Apple, Sugary, Balanced, Clean and smooth, Long sweet aftertaste, Lily, Blueberry, Sweet pink grapefruit, Bright and juicy acidity, Cherry, Plum
    (青りんご、白砂糖、高バランス、クリーン、スムース、甘い余韻、百合の花、ブルーベリー、甘いピンクグレープフルーツ、明るくてジューシーな酸、チェリー、プラム)

箱は別売りになります

<For customers living abroad.>
Please go to the URL below.
https://en.philocoffea.com
I hope you would enjoy our coffee wherever you are!

302 Guatemala El Injerto Pacamara Washed
グアテマラ エル・インヘルト パカマラ ウォッシュド

販売価格 2,300円(税込2,484円)

SOLD OUT
この商品についてお問い合わせ