ご来店ありがとうございます。
今年も『友達』がやってきました!

Philocoffeaのシグネチャーラインと言っても過言ではないコーヒー。
それが『友達(TOMODACHI)』です。
間違いなく美味しい、世界中で愛される、Philocoffea渾身の逸品。
一家に一袋。

TOMODACHIを通じて、
生産者と友達に、
Philocoffeaと友達に、
コーヒー仲間と友達に。

よろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年もやってまいりました、哲プロセス。
現地提携農園と協力して作り上げたダブルアナエロビックプロセスです。
熟度が高いチェリーのみを選別してプロセスしているので、透明感も完璧です。
かなり美味しいので一度はトライしていただきたいアイテム。

<世界一のコーヒーを目指す>
このコーヒーはWorld Champion Seriesといって、現地農園と台湾のエクスポーター(Tri-Up Coffee)と粕谷の3社で手を取り合って最高のコーヒーを作ろうというプロジェクトによって生まれたコーヒーです。
粕谷自らが考案して提案した精製方法<Double Anaerobic Honey>で作ってもらっている特別なロットになります。

エチオピアでは3年目になる本プロジェクト。
一度試してみて終わり、というものではなく、毎年試行錯誤を繰り返し、Philocoffeaからは設備投資を行い、
いつかは世界一のコーヒーにするぞ!という意気込みで作っています。
Philocoffeaとしても設備投資に毎年協力していくために、売上の一部を設備投資に使っていきます。
毎年改善されていく楽しみを買っていただく、という意識でお買い求めいただくと面白いと思います。
昨年買われた方は今年のロットがどれだけ美味しくなったかがわかるはずです。


<粕谷プロセスの詳細>
ダブルアナエロビックハニープロセス
(Double Anaerobic Honey Process)
です。
最近一部の特殊なコーヒーでは使われることの多いダブルアナエロビックですね。
簡単に言うと、嫌気性発酵(アナエロビックファーメンテーション)を2回やるというものです。
省略しつつ説明すると、
1.完熟チェリーのみを集める
2.密閉できるタンクにチェリーを詰める
3.低い温度を保てる水の中にタンクを2日間放置する<発酵させる>
4.タンクからチェリーを取り出してパルパーにかける<果肉を剥ぐ>
5.剥いだ果肉とパーチメントを集めて再度タンクに密閉する<果肉を捨てずに再利用するのがポイント>
6.3を繰り返す
7.チェリーを取り出してハニープロセスに移行する
という流れになります。

通常のアナエロビックプロセスとの違いは、一度パルパーにかけて、そのときに剥がされた果肉を再度タンクに入れて一緒に発酵させることで、より複雑で甘いフレーバーを構築する狙いがある点です。
現地で上記手順4のときに、タンクを開けた瞬間のあのバナナやマンゴーを腐る直前まで熟成させたような香りと言ったらもう…

我々にはまだノウハウも設備もお金もありません。
だけど、世界一美味しいコーヒーを作ろうと思っています。
その夢を応援してください。
一緒にコーヒーを作っていく楽しみを感じていただけたら幸いです。


<豆情報>
農園名:Wate
生産者:Local Farmers
エリア:Hambela, Guji
標高:2,250-2,450 m
品種:JARC
生産処理:Tetsu process(Double Anaerobic Honey:Double stage fermentation. First whole cherry fermented for 5 days then Depulp and ferment 2 days in parchment. Finish Honey style.)
味わい:Grape,Red wine, Dark chocolate, Raisins, Whiskey,Dried figs, Blueberries,Aromatic,Yellow Peach, Transparent
ーーーーー

<For customers living abroad.>
Please go to the URL below.
https://en.philocoffea.com
I hope you would enjoy our coffee wherever you are!

【World Champion Series】003 Ethiopia『TOMODACHI』2022/2023

販売価格 1,900円(税込2,052円)
購入数
豆の状態
サイズ

この商品についてお問い合わせ