ご来店ありがとうございます。
世界中で大人気のダテーラ農園のマスターピースを仕入れました。
なんと、初、Philocoffea単独落札です。
日本でここでしか手に入らないスペシャルな豆をお楽しみください。
※毎週数量限定の販売で、日曜日の10:00に在庫が復活します。
※焙煎度合いは中浅煎りです。
※挽いた状態をご希望の方は、備考欄にご入力お願いいたします。




<ダテーラ農園>
元々はまったくコーヒー業界とは異なる会社でしたが、オーナーのサステイナブルな活動への興味関心からコーヒー部門が立ち上がり、1987年にコーヒーの生産がスタートしました。
ブラジルの公用語であるポルトガル語で ”Da Terra” とは、英語で言う、”From The Earth”の意味。
“DATERRA”という農園名は、その造語になります。
この農園名に込められた想いは、母なる大地である自然環境を守りながら、そこから生まれるコーヒーを地球の恵みとし、
その価値を最大化していきたいという、農園のオーナーと、その農園で働くすべての人々の理念です。
品質管理の上で重要な要素を5つのカテゴリーに分け、
五角形を意味する ”PENTA SYSTEM” と名づける独自の品質管理プログラムを構築しています。
生産→収穫→精選→選別→保管、のすべてのカテゴリーで徹底した品質管理が行われており、
その中でも注目すべきは自然環境に優しい運営を行っているということ。
ダテーラはブラジル国内の「もっとも環境にやさしく、サステイナブルな営農を行っている農園」というコンテストで優勝したこともあるほどです。
素晴らしいコーヒーを作ることだけでなく、地域の自然環境と共に在り続ける。
未来へと⾧くつながる産業にしたいという想いは、サステイナブルな品質づくりに繋がっています。

<MASTERPIECE/マスターピース>
ダテーラ農園のコーヒーは以下の3つのカテゴリーが大きく3つに分かれます。

Masterpiece
:輸出用ボリュームの1%未満の実験的ロット。
 試験品種や、収穫方法・精選方法に新たな試みを施したもの。
 一部のオークションロットなどがここに属することになります。
 Penta Boxと呼ばれる特殊包材で保管され、最適な状態で生豆が世界中に運ばれます。
Collection
:輸出用ボリュームの25%程度を占める高品質カテゴリー。
 CLASSICSとの対比として、より酸味やフルーツ感や複雑なバランスさを特徴としています。
Classics
:輸出用ボリュームの75%程度を占めるメインカテゴ リー。
 クラシックの名のとおり、伝統的なブラジルらしいフレーバーのナッツ感やチョコレート感をもちます。

Masterpieceに選出されるのはダテーラの中でも1%未満の最高評価を得たものだけです。
また、毎年テーマが設定されており、2021年度のテーマは「星座」。
Masterpieces2021として出品されたオークションロット15種それぞれに特定の星座が振り分けられております。今回Philocoffeaが単独落札したこの豆は「Deer(シカ座)」。(ストーリーについては一番最後をご覧ください)もちろん納得のいく美味しさがあって選んだこちらの豆ですが、このコーヒー込められた“結束と思いやり”の想いも素敵です。

今回のプロセスはMasterpieceお得意のアナエロビックプロセスです。
言わずとしれた嫌気性発酵で、ユニークなフレーバーを作り出すことで近年注目されていますが、ダテーラのアナエロビックプロセスの技術力は世界中のお墨付き。
10年以上に渡って嫌気性発酵を研究してきているというからその完成度の高さは納得ですね。

<特徴>
まず口に含んで印象的なのは口当たりの素晴らしさ。
つるんとした丸みのある液体が舌の上を滑らかに過ぎていきます。
ああマスターピースだと納得する質感、感動です。
温かいときはスイカや蜂蜜のような甘味。
少し冷めてきて中温度帯になってくるとストロベリージャムやロゼ、黄桃のような華やかなフレーバーが顔を出し、味わいに複雑さが生まれます。
その後もべっこう飴のような濃厚な甘みとヨーグルトのようなフレーバーなど、
はじめから最後まで複雑な風味の変化が感じられます。
このように複雑に味わいが変わることこそが質のよい証です。


サステイナブルなコーヒー生産は、サステイナブルな消費に支えられてこそ達成しえる。
そう信じているから、サステイナブルな品質づくりに注力する。
ダテーラ農園の信念を感じる一杯をお楽しみください。

<豆情報>
農園名:Daterra
エリア:Cerrado, Minas Gerais
標高: 1,000 - 1,100m
品種:Geisha
生産処理:Natural Anaerobic
味わい:Smooth, Watermelon, honey, strawberry jam, rosé wine, yellow peach, candy cane, yogurt

<Guaxu – The Deer/シカ座>
In this constellation, the Deer is pictured with its head down, close to floor level, for a good reason. The Guarani legend says that the Deer received a mission from Nhanderú, the God that created the world: "you must cross this swamp as fast as you can, and you shouldn't stop for any reason," said Nhanderú. The Deer took the mission obediently. While running, the Deer saw a small frog trapped in the mud, close to drowning. The Deer felt torn between helping the frog and obeying Nhanderú, but eventually decided to lower its head so the frog could reach the antlers, saving the little one. As the frog tried to say thank you, the Deer hushed, "I'm sorry, but I can't talk right now; I must keep moving!". "Look at me," said the frog to the rushed Deer. The frog was Nhanderú himself, in disguise. "This was a test, and you passed. Come with me to the sky". Since then, the Deer constellation has become a symbol of solidarity and compassion – this story teaches that nothing is more important than helping those in need. The appearance of the Deer in the sky marks the end of summer, meaning that more than ever, the community must cooperate through challenging times.

この星座で、シカが頭を下にして地面に近い位置に描かれているのには、理由がある。グアラニ族の伝説によると、シカは世界を創造した神、ニャンデルーからある使命を受けたという。 「この沼をできるだけ速く渡りなさい。どんな理由があっても立ち止まってはいけない。」と。
シカは素直にその使命を果たしました。走っていると、泥の中に小さなカエルが閉じ込められていて、今にも溺れそうになっているのが見えました。シカはカエルを助けるか、Nhanderúの言うことを聞くかで迷いましたが、結局、頭を下げてカエルの角に届かせ、小さなカエルを助けることにしました。カエルが「ありがとう」と言おうとすると、シカは「ごめんなさい、今は話せません、走り続けなければなりません!」と宥めました。あわてたシカに、カエルは「私を見てください」と言いました。その蛙は、ニャンダーウの変装した姿でした。「これはテストだ、お前は合格した。私と一緒に空へ行こう」。それ以来、シカ座は結束と思いやりのシンボルとなった。
“困っている人を助けること以上に大切なことはない”
鹿が空に姿を現すのは夏の終わりを意味し、これまで以上に協力して困難な時期を乗り越えなければならないことを意味している。





Please go to the URL below.
https://en.philocoffea.com
I hope you would enjoy our coffee wherever you are!

【日本でPhilocoffeaだけ!】
328 Brazil Daterra Masterpiece#4
ブラジル ダテーラ マスターピース#4
【単独落札】

販売価格 4,300円(税込4,644円)
購入数
サイズ

この商品についてお問い合わせ