ご来店ありがとうございます。
オーナーの粕谷です。

Philocoffeaでお馴染みのPedroさんの農園から非常に素晴らしいコーヒーの入荷です。
素晴らしいコーヒーというのは…???
そうです、高いです。
でも、その価格以上の魅力と満足度がペドロさんの作るコーヒーには確かにあります。

<エル・フエルテ農園>
このエル・フエルテ農園は、ペドロ・ロドリゲスさん一家がサマイパタに所有する4つの農園のうち、一番最初にできたものです。
「エル・フエルテ」とは砦(とりで)という意味で、 世界遺産の「サマイパタの砦」にちなんで名付けられました。
サマイパタ地域は標高の高さと良質な土壌で高品質コーヒーの生産に適した土地ではありますが、コーヒー作りはそれほど伝統的ではなく、中でもスペシャルティコーヒー作りは同地域では行われてきませんでした。
エル・フエルテ農園はサマイパタでコーヒー栽培を発展させようとする初めての試みでした。
ペドロさんたちは農学者にも相談して農園を作るのに理想的な場所を定め、様々な品種を植えてテストを行いました。
この農園のプロジェクトを継続するにはリスクも伴いましたが、ペドロさんたちは見事成功させました。
現在、エル・フエルテ農園はウェットミルを併設し、サマイパタ地域の農園で収穫されるコーヒーチェリーの生産処理を担っています。
:インポーター情報参照

<特徴>
ストロベリーやレッドベリーなどの赤いベリー系を複雑に感じられ、
熟した桃のトロッとした果汁のような濃密な甘さが口いっぱいに広がります。
そして、ゲイシャ特有の複雑でフルーティーでフローラルな印象。
ナチュラルのゲイシャというのは世の中に多く広まっているので、
それ自体には驚きも感動もない銘柄ですが、
このゲイシャの素晴らしいポイントは高い次元でのクリーンカップさを実現しつつ、
強烈なフルーティーなフレーバーを醸し出してくれている点にあります。
クリーンと言いつつ、シンプルに風味が弱いだけのゲイシャもありますが、
これを飲めばそういうコーヒーとの違いが一発でわかるはず。
控えめに言って「美味しすぎる」コーヒーです。

<焙煎のこだわり>
Pedroさんたちの丁寧な仕事に余計なことをしないように
素材の良さを引き出すことだけを意識しました。
焙煎による甘さを加えるのではなく、コーヒーが持っている本来の甘さを引き出し、
豊かなフレーバーをそのまま出してあげるために浅煎りで仕上げています。

<一言>
ペドロさんのコーヒーを焙煎すると自分の技術が上達したように錯覚しますが、
実際はペドロさんが作る生豆の品質が毎回高すぎるだけなんだと反省します。
それくらいにこのコーヒーの品質の高さは素晴らしいです。
一度お試しください。
本当のクリーンで複雑なフレーバーを味わいと癖になると思います。

<豆情報>
農園名:El Fuerte(エル・フエルテ)
生産者:Pedro Rodriguez Peñarrieta(ペドロ・ロドリゲス)
エリア:Samaipata, Santa Cruz(サマイパタ/サンタ・クルス)
標高: 1,650m
品種:Geisha(ゲイシャ)
生産処理:Natural(ナチュラル)
味わい:Strawberry, Red Berry, Nectarine, Floral, Super Sweet
    (ストロベリー、レッドベリー、桃、フローラル、とても甘い)

箱は別売りになります

<終売>【Kasuya Selection】
375 Bolivia El Fuerte Geisha Natural
ボリビア エル・フエルテ ゲイシャ ナチュラル

販売価格 3,100円(税込3,348円)

SOLD OUT
この商品についてお問い合わせ