数量限定の粕谷特別仕様の焙煎です。
より浅く焙煎し、よりクリーンに、よりジューシーに、よりフレーバーフルな味わいに進化した、大会使用の浅煎りバージョンのコロンビアをお楽しみください。
今回だけの焙煎です。



ご来店ありがとうございます。
オーナーの粕谷です。

ユニーク、かつ、ハイクオリティ。そして、お手頃価格という三拍子揃ったコーヒー。
ミントやジンジャーフレーバーに、しっかりと甘さのあるパパイヤや桃の風味。
今後はこの価格で仕入れられなくなるんだろうなと今からもう残念な気持ちになる素晴らしいコーヒーです。

<ゴールドウォッシュド>
糖度23%以上のイエローブルボンのコーヒーチェリーを1時間きれいな水に浸し洗浄、1回目の嫌気性発酵を行います。 チェリーの果皮を取り除きミューシレージが25%残った状態でモスト(コーヒーの果皮と果肉、ミューシレージから作られたジュース)に浸け2回目の嫌気性発酵を行い、
その後23日間かけてアフリカンベッドで乾燥させます。
この説明だけでもかなり特殊なプロセシングであることがわかります。
通常は1回しかやらない嫌気性発酵を2回やるだけでなく、モストを利用するというあたりがオシャレですよね。
以前販売していた粕谷プロセスもモストのようなものを利用していました。最近流行りなんですかね。
それにしても糖度23%以上のチェリーを集めるのは相当大変だと思います。イエローブルボンは比較的甘い果実になりやすい気がしますが、それにしても23%はすごい。
基本的にチェリーの糖度がなによりも重要なので、プロセス云々よりもいかに熟したチェリーを収穫するかで品質は決まってきます。

<特徴>
スペシャルティコーヒー業界で最先端のプロセス”アナエロビック(嫌気性発酵)”は今ではよく聞く名称となってきているように思います。
そのせいかアナエロビックという名称がついているだけでのコーヒーも増えてきましたね。
嫌気性発酵によって生み出されるユニークなフレーバーがないアナエロビックプロセスのコーヒーも多々見られる中で、久々に”これぞアナエロビックフレーバー”というコーヒーに出会いました。
そんなわけだから、初めてサンプルをカッピングしたときの正直な感想は「美味いけどこれは絶対に高いやつだから買わないな」でした笑

<味の説明>
粉にした瞬間からミントのような清涼感のある香りが漂います。
そして甘い香りも強く感じられます。
フレーバーはミントやジンジャーのようなユニークさを持ち合わせつつ、
パパイヤのような強い甘さ、黄桃のような熟したみずみずしい甘さもあります。
これだけユニークなフレーバーがあるにもかかわらず、バランスよく味わえるのは、
このコーヒーのクリーンカップが生み出していると思います。
派手なフレーバーを持つこーヒーは大抵の場合、クリーンじゃないことが多いです。
一口飲んだらもう次の手が進まないということありませんか?
それって大抵クリーンじゃないことが要因だったりします。
それに比べてこのこーヒーは非常にクリーンなので、飲み飽きることなく最後まで楽しめます。

<一言>
こんなに美味しくてこんな手頃な値段で買えるこーヒーは本当に滅多にありません。
絶対この農園のこーヒーは今後高くなります。
粕谷渾身のおすすめ品です。


<豆情報>
農園名:Santuario(サントゥアリオ)
生産者:Camilo Merizalde(カミーロ・メルサルデ)
エリア:Cauca(カウカ)
標高: 1,850 - 2,100m
品種:Yellow Bourbon(イエローブルボン)
生産処理:Gold Washed(Special Double Anaerobic):特殊ダブルアナエロビック
味わい:Papaya, Nectarine, Mint, Ginger, Complex, Smooth
    (パパイヤ、ネクタリン、ミント、ジンジャー、コンプレックス、スムース)

箱は別売りになります

<For customers living abroad.>
Please go to the URL below.
https://en.philocoffea.com
I hope you would enjoy our coffee wherever you are!

【Kasuya Selection】
097 Colombia Santuario Yellow Bourbon Gold Washed -Limited Edition-
【数量限定】

販売価格 1,050円(税込1,134円)

SOLD OUT
この商品についてお問い合わせ