Philocoffeaにご来店いただき、ありがとうございます。
グアテマラのコーヒーのご紹介です。

<El Injerto >
グアテマラと言えば、エルインヘルトが最初に思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。カップオブエクセレンス多数受賞の、グアテマラの超優良農園です。
グアテマラ北西部ウエウエテナンゴ県の谷沿いに深く入ったラ・リベルタ(La Libertad) 村に位置し、敷地面積750ヘクタールの広大な敷地の中で営まれています。 この地区は平均気温が16-28°Cと冷涼で、年間降水量1,800-2,000mmと適度な湿度があり、有機物質に富んだ 火山性の土壌を有します。
1800年代後半に小麦やサトウキビを栽培する農園としてエル・インヘルト農園は始まりました。1900年頃からコーヒーの栽培がスタートしたそうです。現在は4代目のアルトゥーロ、そして息子のユーヨが中心となり、雇用や環境を重視しながらコーヒー生産を行っています。持続可能なコーヒー生産において、スタッフの住環境や社会保障、賃金、研修を重視し、労働者が安心できる労働環境を目指しています。また近年の気候変動がこれ以上進むことなくコーヒー生産が続けられるように、廃棄物を無くし、森林も保全しながら環境保護を訴えています。また、狩猟も禁じて生物の多様性を守っています。農園は隅々まで良く手入れが行き届いており、樹の形、枝の勢い、葉の色・実の付き方が素晴らしいそうです。堆肥には、ミミズを使って作り出した有機を使用するなど環境にも細心の注意を払っています。
収穫では完熟のチェリーのみが手摘みされ、伝統的な水洗処理工程を守って精製処理されます。果肉除去された後 60-72時間をかけて醗酵槽に浸けられて熟成し、山から流れてくる豊富な湧き水を利用し洗浄します。こうして甘味を蓄えたパーチメントがパティオで丁寧に乾燥されます。また農園独自にドライミルを所有しており、すべての工程を徹底して研究・管理を行い、より品質の向上に努めているそうです。
高品質のコーヒーを毎年生み出し続けることは、この上なく難しいことだと思います。品質向上や環境保全のために、毎年投資し、より善い農園にしていく継続的な努力。感服です。

今回は甘く仕上げたいと思い、ゆったり丁寧に焙煎した中煎りでご用意しております。最初は黒蜜のような重みのある甘さ。その後くるみやキャラメルのような柔らかな甘みになり、葡萄のような果実味も感じられます。質感はスムースで、飲み終わった後も甘い余韻で満たされると思います。酸味と甘みのバランスが心地よい。
個人的には午後に本を読みながらや、お菓子を食べながら、飲みたいなと思います。
そっと生活に寄り添う、ちょっと上質な時間になる、そんなコーヒーです。

<豆情報>
農園:El Injerto
生産者:Arturo Aguirre
エリア:La Libertad, Huehuetenango
標高:1,500m~2,000m
品種:Bourbon ,Catuai
生産処理:Washed
味わい:Molasses, Walnut, Grape, Smooth, Round, Chocolate

<FOR WORLDWIDE SHIPPING>
Please go to the URL below.
https://en.philocoffea.com
I hope you would enjoy our coffee wherever you are!

213 Guatemala El Injerto Traditional Washed

販売価格 1,200円(税込1,296円)
購入数
サイズ
豆の状態

この商品についてお問い合わせ