ご来店ありがとうございます。
オーナーの粕谷です。

私が信頼を寄せる生豆会社Tri-Up社@台湾からわけわからない特殊なプロセスの豆シリーズの第2弾の紹介です。
*第3弾まであります。
第1弾はこちら
こちらの第2弾はゲイシャを使用しています。
第3弾はピンクブルボンです。もう全部すごい好き。

<特殊プロセス>※第1弾と同じ内容なのでもう見た人は下の味の説明だけどうぞ。
Tri-Up Processと名付けられた特殊プロセス。
まず初めにプラスチック製の嫌気性タンクに窒素を充填して、タンク内の酸素をなくします。
これがNitrogen Maceration(ナイトロジェンマセレーション)。
ちなみに、最近巷でよく聞くCarbonic Maceration(カーボニックマセレーション)は窒素(Nitrogen)ではなく、二酸化炭素(Carbonic)で嫌気性タンクを満たします。
窒素か二酸化炭素かでどのような違いが生まれるかというと、一般的な二酸化炭素を用いた場合はタンク内のpHが急速に下がってしまい酢酸のような酸味が作られてしまいがちですが、窒素を用いるとpHをキープすることが可能なんだそうです。したがって、通常よりも長い時間発酵させておくことが可能となります。
で、Nitrogen Macerationを5日間行った後、次はなんと木樽に入れて準嫌気性発酵(アナエロビック)を5日間行います。
なぜ木樽かというと、プラスチックのタンクだと完全に嫌気性の環境を作り出すことは可能となるが、タンク内の温度がかなり早く上昇するそうです。発酵段階で酵母の数を増やす必要があると考えた彼らはタンク内温度の上昇を抑えるために木樽を用いて、樽内の温度上昇を防いで、潤滑な発酵を促しました。
これによってどうなるかというのは正直なところ、まだまだわかっていない段階だと思いますが、アナエロビックにありがちな強烈なフレーバーというよりも、かなり上質で上品なフレーバーに育っているように感じます。

<特徴>
農園主はDionel Chilitoさん。彼はコロンビアのウィラ県ピタリート出身。Pradera農園は10ヘクタールほどで、Dionelは彼の父親から農園を引き継ぎ、カトゥーラを植えました。それからゲイシャを育てることを決めました。世の中のトレンドを追い、それがマーケットに対してどのような影響を及ぼすのかを知るためにも。様々なプロフェッショナルの手助けを得て、Dionelは熟度の高いチェリーのみをピックし、ゲイシャのフローラルなアロマティックな風味を強めることができました。
過去、Dionelはウォッシュドのゲイシャのみを作っていたが、彼がTri-Up社と特殊プロセスをやってみると決断してくれたことを嬉しく思います。そして、今回の特殊プロセスで、ゲイシャを長時間発酵させたにもかかわらず、フローラルな風味特性(特に後味に)が残すことができました。また、彼の作るコーヒーに従来とはまったく異なるフレーバーを持ち込むことに成功したと思います。
---
Farmer’s name is Dionel Chilito.
Dionel Chilito is from Pitalito Huila, with his farm La Pradera at about 10 hectare size. Dionel inherited his first land from his father when he was still young, and planted Caturra there. After a long time, he then decided to grow some gesha in the farm to follow the trend and see how it reflects on the market. With help of different professionals, Dionel picked the cherries at more mature level to intensify the aromatic flavors in floral notes from geisha. In the past, Dionel only processed his geisha washed, but we are very happy that he decided to work on some special process with us.
We found that this time, even after long fermentation on geisha, it still show the floral profile, especially in the aftertaste. And also we are able to bring completely different profiles on his coffees.
---
*Tri-Up社からのメッセージを引用/意訳しました

<味の説明>
ジューシーなマスカットのような風味が、厚みのある質感とともに口の中を満たす。
後味が非常に長く甘い。桃やマスカットを食べたあとのような印象。
厚みがありつつもシャンパンのように軽やかで明るい風味がゲイシャらしさを表している。
ほんの少しライムを絞ったような爽快感が全体のバランスを整えて、品質を一弾さらに底上げしている。

<一言>
美味しいから飲んでみてください。
Philocoffeaらしい、シンプルに品質の良いコーヒーです。

<豆情報>
農園名:La Pradera
生産者:Dionel Chilito
エリア:Pitalito, Huila
標高: 1,750m
品種:Geisha
生産処理:Tri - Up Process*
*Nitrogen Maceration 5 Days in Plastic Barrels + 5 Days low oxygen fermentation in wood barrel, then dry in whole cherries
味わい:Muscat, Nectarine, Juicy, Champange, Thick, Hint ot lime, Long Sweet AT

※箱は別売りになります

<For cutomers who cannot order because of language.>
Please go to the URL below.
https://en.philocoffea.com
I hope you would enjoy our coffee wherever you are!

【特殊プロセス】
306 Colombia La Pradera Geisha Tri-Up
コロンビア ラ・プラデーラ ゲイシャ

販売価格 3,200円(税込3,456円)
購入数
豆の状態
サイズ

この商品についてお問い合わせ