Philocoffeaにご来店いただき、ありがとうございます。
遅くなりました!11月のスペシャルなコーヒーのご紹介です!

『195 Colombia Geisha Washed 』

haiz Coffeeから今回コロンビアのコーヒーを仕入れました!
haiz coffeeはコロンビアを拠点に小農家からスペシャルなナノロットをダイレクトトレードし販売するインポーターで、富山県に焙煎所兼カフェがあります。たまたまスタッフがお店に伺った際にサンプルをいただいて、そのサンプルをカッピングしたら美味しくて、連絡を入れたらその日がたまたま都内でカッピング開催の日で、とび入りで参加したらどれもとっても美味しくて、購入にいたりました(長い)
ご縁に感謝です。
こちらのゲイシャ以外にも3種類美味しいコロンビアが控えていますので、お楽しみに!

<La villa de don Juan>
まだ30代前半の生産者フアン、コロンビアはピタリートに農園を持つ彼は2世代目のコーヒー生産者です。彼のコンセプトは精製方法だけに頼るのではなく、コーヒーチェリーそのものの品質にこだわること。2~3年前に、選りすぐりの種に植え替えるところからプロジェクトがスタートしました。

彼の弟も同じ地区に農園を所有しており、そこで育てたピンクブルボンのナチュラルプロセスのコーヒーが、今年のla tierra de divercidad (the land of diverce)の二つの部門で賞を受賞しました。la tierra de divercidadとはコロンビアでCOEについで重要なコーヒーの品評会であり、全70 lotの中から上位25 lotが品評会後に行われるオークションにかけられ全世界から集まったバイヤーやロースターによって落札されます。ボディ、バランス、マウスフィール、エクゾティック、アシディティそれぞれ5項目で上位3lotの順位がつけられ、彼らのlotはボディで2位、バランスで3位となりました。

彼らの品質へのこだわりが品評会でもしっかり評価されています。2023年夏時点では、日本はおろか、アジアに輸出をするのも初めての農園のコーヒーなので、今後の更なる活躍がとても楽しみですね。ポテンシャルがすごい。

最近のコロンビアのコーヒー、発酵にこだわったプロセスやインフューズドコーヒーなど派手でわかりやすい味わいのコーヒーが多いイメージですよね。ただ実際には、多くの農園が伝統的なプロセスを活かしながら希少品種の生産に注力している側面も存在するとのこと。こちらのコーヒーも、伝統と品種の魅力がつまったラ ビジャ デ ドン フアンのウォッシュトプロセスのゲイシャ種です。


水分値比較的高めのゲイシャ種ということで、前半からしっかりカロリーを与えています。またゲイシャらしい上品で華やかなフレーバーがお楽しみいただけるよう、全体の焙煎時間は8:30くらいの短い焙煎時間で仕上げています。
フローラルな香りと、文旦やみかんのような柑橘系の甘み。じんわりと、ふんわりと、口の中に広がる時間に癒されます。口当たりは柔らかく、液体の輪郭が感じられるふくよかなボディ。レモンキャンディーを転がしているような感覚ですね(伝わってほしい)冷めてくるとびわっぽいフレーバーやハーバルな後味も出てくるので、ぜひ時間をかけてゆっくりお楽しみください。

びっくりする派手な味わいではないですが、上質で品がよく心安らぐ一杯。
伝統とこだわりが生む美味しさをお楽しみください。

※今回販売も事前に焙煎日が決まっており、『予約販売』となります。

今回はお得な1kg袋も用意しております。毎日ゲイシャ種に浸りたい方はぜひ!

<豆情報>
Producer:Juan Dario Gomez
Farm:La villa de don Juan
Area:Isnos Huila, Colombia
Alutitude:1,720m
Varietal:Geisha
Process:Washed(24h aerobic)
Taste: Floral, Sweet lemon, Juicy, Black tea, Pear, Herbal, Loquat, Syrupy


Please go to the URL below.
https://en.philocoffea.com
I hope you would enjoy our coffee wherever you are!

【終売】195 Colombia Geisha Washed

販売価格 2,100円(税込2,268円)

SOLD OUT
この商品についてお問い合わせ