Philocoffeaにご来店いただき、ありがとうございます。
エルサルバドルのコーヒーのご紹介です。



エルサルバドル屈指の優良農園、Santa Rosa.
Cup of Excellence など品評会でも数々の受賞歴があり、世界的に高い評価を受けている素晴らしい農園です。(2014年、2017年、2019年のCOEで優勝)
今年はWashedとNaturalをどちらも購入しました、ぜひ飲み比べもお楽しみください!
197 El Salvador Santa Rosa Pacamara Washedはこちら

Santa Rosa農園はエルサルバドルの最北西部、ホンジュラスとの国境に近いラ・パルマのすぐ近く、エルサルバドル最高峰のエル・ピタルの斜面に位置しています。
1979年から、Jorge Raul Rivera Sr.によりこの地域でのコーヒーの栽培はスタートしました。当時のエルサルバドルは内戦の真っ最中だったため、多くの土地が安く売られており、これに乗じてRaul氏はいくつかの土地を購入。戦後、エルサルバドルが再び落ち着きを取り戻したタイミングでFinca Santa Rosaとなる土地を購入し、戦後の復興に向けた政府の補助金を受けて、松の木材の栽培を開始しました。最初は木材が輸出できるレベルまで生育するのに10年かかるため、空いたスペースを利用し、エルサルバドル発祥の種であるパカマラを植えたのがSanta Rosa でのコーヒー生産のきっかけとなります。内戦の影響で、土地としては手付かずの状態が長かったため、パカマラ生育の一助にもなりました。現在時点でも試験的にうえられている苗木などを除いては、ほぼパカマラが植えられています。

また Raul 氏はチャラテナンゴ地区の生産者組合の代表で、近隣農家へのプロセスサポートや農事指導なども行っており、地域社会に貢献する取り組みにも積極的です。 Q グレーダー資格も所持しており、アメリカへの留学経験もあって英語も堪能なため国内だけでなく、世界的に活躍しています。

パカマラは豆のサイズが大きく、焙煎の際にとても気を使う品種の一つです。ナチュラルはサンプルを飲んだ時にふくよかな甘みが心地よく感じたので、甘みを楽しめる中煎りに仕上げました。投入温度を上げすぎると焦げた味わいがあったので、あまり上げすぎずに調整。中心までしっかり発達するように、ドライイングもメイラードフェーズも4分程度時間をかけながらじっくり慎重に焙煎しました。焙煎の最後は香りを嗅ぎながら甘みのある香りがした時点で終了しています。

レッドチェリーやリンゴのような赤っぽいフレーバーと、アーモンドチョコレートのような甘み。
パカマラらしい厚みのあるしっかりとしたボディは、197のWashedよりも焙煎度が上がったのも相まって、さらに液体の輪郭が感じられるようになっています。冷めてくるとあんずや梅酒のような味わいと、後味にハーバルな香りをお楽しみいただけます。まろっと甘いパカマラナチュラル、すっきり綺麗目なパカマラウォッシュト、Santa Rosaをぜひご堪能くださいませ。


<豆情報>
Producer:J.Raul Rivera
Farm:Santa Rosa
Area:Chalatenango / San Ignacio
Alutitude:1,600m
Varietal:Pacamara
Process:Natural
Taste: Red cherry, Red Apple, Almond chocolate, Smooth, Plum, Apricot, Black tea, Velvety


Please go to the URL below.
https://en.philocoffea.com
I hope you would enjoy our coffee wherever you are!

198 El Salvador Santa Rosa Pacamara Natural

販売価格 1,600円(税込1,728円)
購入数
サイズ
豆の状態

この商品についてお問い合わせ

この商品を買った人はこんな商品も買ってます